4月入社「I上」が入社するまでの話

初めまして。4月に入社したI上と申します!

今回は私が何故ハピネスハートに入社したか、自己紹介を兼ねて書かせていただきます!

まずは自己紹介から

1990年12月6日生まれ。生まれは千葉県千葉市、出身は千葉県船橋市の千葉っ子です!

趣味はたくさんあります。音楽が好きで、高校、大学時代はバンド活動ばっかりしていました。好きな音楽は主に洋楽で、ビートルズなどの60年代のブリティッシュロックが好きで、ザ・フーやキンクス、スモールフェイセズなどを崇拝しているのですが、とにかく同年代と話が合いません(笑)邦楽だとブルーハーツとか好きなので、そこで無理やり話を広げてます(笑)

ゲームは主にRPGが好きでFF、ドラクエ、クロノトリガーなど、やった数は少ないですが思い入れが強く、挿入曲のオーケストラアレンジとかをよく聴いていたりします!

あとはグルメ好きで、ラーメン、インドカレーのお店をよく巡ったりします。特にラーメンは一時期週4くらいで食べていたので、少し詳しかったりします(そのときは5kg太りました笑)。家で料理するのも好きで、パスタなどのイタリアンをよく作ります!

他にもお笑いが好きだったり、心理学とかも好きだったりしますが、長くなってしまうので割愛します(笑)

 

前職から転職するきっかけ

前職では喫茶店の店員をしておりました。当時はコーヒーが好きだったので、自分で喫茶店を開きたいと思って働いていましたが、働いていた店主と上手く人間関係が築けず、長くは続きませんでした。2店舗で働いたのですが、どちらも人間関係のストレスで辞めてしまいました。職人気質の店主だったのでよく怒られていたのですが、責められたことの全てが私が悪いと過剰に思ってしまい、思っていることが吐き出せずにふさぎ込んでしまったことが原因だと考えています。

前職を辞めてからは精神的にも不安定で、人間関係を築くことに難を示していたのでウーバーイーツの配達員をしていました。ウーバーイーツは個人事業主として登録するだけで仕事ができるので、最低限のコミュニケーションで済んだことは当時の私には救いでした。自転車で稼業していたので、運動にもなって徐々に精神の回復にもつながっていきました。

そして回復していくと同時に「このまま配達しているだけでいいのか」という気持ちが強くなっていきました。収入自体は悪くなかったのですが、あと10年自転車を漕ぎ続けるというのは現実的ではなかったからです。

未経験の業界に挑戦

キャリアの問題は年齢にもありました。コロナの影響も考えたら飲食業界で生き抜くのは厳しい。それに年齢的な問題を考えたら、未経験の業界に挑戦できるのは最後だ!と思いIT業界への挑戦を決意しました。IT業界なら今の時代でも手に職を付けられると思ったからです。

そこで私が選んだ手段はプログラミングスクールに通うことでした。パソコンにまともに触れたことのなかった私が独学でやってもすぐに挫折するだろうと思ったからです。

プログラミングスクールの履修を終え、就職活動を始めた私でしたが、理想の条件の職場にすぐ転職できるわけではありませんでした。何十件、何百件と企業を見てる内にただ待遇面や立地を眺めているだけに思えてしまい、気持ちが萎えてくるのも早かったです。正直プログラミングスクールに通っても、そこまで自信を持てなかったのも大きかったのですが、どういう企業に入りたいかと考えた所で気づきました。

「求めているのは人間関係だ・・・!」

私が今まで生きてきてまともに築けなかった人間関係。人生を充実させるのは待遇面や立地なんかではない。人しかない!人間性が見えてくるような企業が非常に少ないから気持ちが落ちるんだ。

ハピネスハートとの出会い

ハピネスハートはWantedlyという求人情報版SNSみたいなウェブサイトを眺めていたときに発見しました。

まず引っかかったのが事務所が船橋・・・。家が比較的近い(笑)前言撤回ですね。

というのは半分冗談で、サイトなどを見たら人間味溢れるというか。他の企業にはない温かみを感じたのです。

ここでなら今までの失敗を糧にしてやり直せるかもしれない…!

面接を申し込むまでにそう時間は掛かりませんでした。

社長の藤野さんとの面接

Wantedlyで面接を受けたい旨を伝えたらすぐに返信があり、船橋にある事務所で面接をしてもらいました。

感想から言うと、楽しく面接ができたのは初めてかもしれないと思いました。

実際私は緊張していたのですが、たっぷり時間を取っていだたき、お互いに納得のいくまで細かく話をすることができました。特に、私の不安点、よくある企業面接であればマイナスになるようなことも結構話したと思うのですが(笑)、受け入れてくれたことが印象に残っています。それにハピネスハートのマイナス面も話してくれて、私が納得して入社できるようお話ししてくれました。

入社の決意、そしてこれから

入社すると決めたのに時間がかからなかったです。というより、面接の時点で入社したい旨を伝えました。お互いに不安点を面接の時点でじっくり話せる企業は他にはないと思ったからです。ここでダメならエンジニアとしてはやっていけないだろうと思いながら決意に至りました。

これからどういうエンジニアになっていくかというのは模索中で、Excel VBAというエクセルで使えるプログラミング言語があるのですが、その存在すら知らなかったレベルなのもあって(笑)、まだまだこれからだと思ってます。まずは会社に貢献できるような人間になりたいという気持ちが強いです。「こういう開発がしたい」というよりも「こういう人になりたい、関わりたい」という考え方が先行していて、魅力のある人間に見られたいという想いで仕事に臨んでいます。

最後に、私は「人間的成長を促す」という経営理念や社長の藤野さんの人間性に惹かれて、それを原動力に日々を過ごしているので人間性の話がメインになってしまいました。しかし、私の場合は人間関係をうまく築けなかった、もう一度チャンスが欲しいと思い今に至ってます。そして同じような境遇の方と価値観を共有したい。ハピネスハートにはチャンスを与えてくれる想いと環境があります!

色々お話ししてしまいましたが、IT業界は未経験で自信がない、でも人として成長したい方いらっしゃったら是非一緒に働きたいです!ご応募お待ちしております!

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP