地元のお話。

こんにちは。Aです。

今回は地元のお話をします!

 

私の地元は長野県の中部地方で、松本あたりと言ったら

なんとなく想像できる方もいるかもしれませんね。

長野県は縦に長いので、県内の移動も意外と時間かかかったり、

方言にも違いがあったりします。

 

おじいちゃんおばあちゃん世代は方言がすごいですが、

私の世代になるとそこまで方言は出ることがないですね。

「~だだ?(~なの?)」

「落った(落ちた)」

「こずんでる(沈殿している)」

とかは私の世代でもよく使う方言かなと思います。

あとは、イントネーションの違いが多いですね。

上京してきて5年は経ちますが、ついこの間

新たにイントネーションが違うものを知りました。笑

今のところ仕事では支障をきたしていないので、

今後も無事に過ごせることを願います。

 

そして、地元に帰ると私は必ずすることがあります。

それは、“夜空を見ること”です。

本当に星が綺麗なんです!

 

 

見えますか!?
本当にたくさんの星がキラキラしてるんです…

 

雲があっても綺麗だし、雲一つない

満天の星空も本当に綺麗です。

今の時期は、夜は0度以下になるので

とても寒いですが、絶対に夜空を見ます。

皆さんも長野に来た際には

夜空を見て帰ってくださいね。

 

そして、長野県の南部にある阿智村は

「日本一の星空」と呼ばれています。

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

今回はこのへんで。

寒い日が続きますので暖かい格好でお過ごしくださいね。

Follow me!

PAGE TOP